サイトマップ

第5回分科会(中・南信地区対象)

第5回分科会(中・南信地区対象):「臨床直結の摂食・嚥下リハ!」開催報告

2015年3月14日(土)、15日(日)の丸2日間を掛けて、松本歯科大学図書会館2Fで歯科医師・コメディカル34名の参加を集め、第5回分科会(中・南信地区対象)「臨床直結の摂食・嚥下リハ!」が開催された。
合計15時間を超える講義と実習ならびにワークショップに参加者は集中して、知識と技術とを吸収していった。


泉先生の講義

~摂食嚥下機能へ影響を及ぼす疾患について講義する、鹿教湯病院 泉医師~

講義では摂食嚥下の生理など基礎的内容から、明日の臨床や現場で実施できる評価・訓練方法について学んだ。



RSSTの実習を行う参加者

RSSTの実習を行う参加者

食事介助の相互実習を行う参加者

食事介助の相互実習を行う参加者

分科会の中心となった実習では、座学で学んだ知識をすぐにロールプレイで実演することで、参加者が評価法や訓練法の実際を体得していった。また地域医療連携を目指し、症例を通じてワークショップも行い、多職種連携の重要性について話し合う機会も得た。講師は,それぞれの内容のエキスパートである研究会世話人が担当した。



次回は北・東信地区会員を対象に、2016年2月20日(土)
、21日(日)、JA長野厚生連篠ノ井総合病院で開催予定である。